コンテンツの紹介


by 7hswedobbs

保育所定員、5年で25万人増=政府が少子化対策ビジョン(時事通信)

 政府は29日午前の閣議で、今後5年間で取り組む少子化対策をまとめた「子ども・子育てビジョン」を決定した。待機児童対策として、小中学校の空き教室などの保育所への転用を促進。これにより保育児童を毎年5万人ずつ増やし、2014年度末には現在より25万人多い241万人にする目標を掲げた。育児や出産をしやすい環境を整え、少子化に歯止めを掛ける狙いだ。
 保育所の拡充により、3歳未満の保育児童の割合を現在の4人に1人から、3人に1人に上昇させることを目指す。病児・病後児保育の受け入れ可能人数は、延べ31万人から200万人に大幅に増やす。 

【関連ニュース】
歳入庁創設に前向き=「組織改廃は当然」
省庁再編、参院選後に検討着手=「幼保一元化」11年度に法案
自民運動方針の要旨
保育の在り方など議論=仙谷担当相
福島消費者相が欧州へ出発

公務員II、III種試験の日程発表=人事院(時事通信)
第2次補正予算が成立(医療介護CBニュース)
<民主党>政治資金対策チームが初会合(毎日新聞)
ビヨンセが6冠=マイケルさんに生涯功労賞−米グラミー賞(時事通信)
<器物損壊>車13台のガラス割られる 大阪・泉南市で(毎日新聞)
[PR]
by 7hswedobbs | 2010-02-04 06:51