コンテンツの紹介


by 7hswedobbs

普天間移設「冷静に見守って」「すべてが今、ゼロベース」 首相(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、政府内から同県名護市の辺野古案(現行案)に否定的な見方が出ていることについて、「いろんな考え方は今の過程ではありうる。ただ、検討委員会をつくって議論している。名護市長選の一つの民意は大事にしながら、ゼロベースでやると決めた。われわれの検討状況を冷静に見守っていただきたい」と述べた。

 また、候補地として徳之島(鹿児島県)が浮上しているとの一部報道について、「色々なものが検討される可能性がある。否定するつもりはないが、すべてが今、ゼロベースでやっている。どこが入ってどこが入ってないという議論ではない」と述べた。

【関連記事】
普天間問題 政府・与党が再び迷走 官房長官発言で右往左往
「外交、軍事力のバランス整備を」櫻井よしこ氏が松山で講演
自民・大島氏「名護市長選の前に主張すべき」 官房長官発言を批判
首相、改めて普天間「ゼロベース」強調 官房長官発言撤回には触れず
「米政府の立場は変わらない」 普天間問題で米国務次官補

大阪府4保健所、結核検診4割誤判定の恐れ(読売新聞)
種子島で震度4、震源は大隅半島沖(読売新聞)
「改善不十分」14校を指名=法科大学院の状況調査−中教審特別委(時事通信)
周産期医療体制整備指針改正を通知―厚労省(医療介護CBニュース)
成人式壇上で奇声、扇子で市長コツン?…2人逮捕(読売新聞)
[PR]
by 7hswedobbs | 2010-01-30 12:09