コンテンツの紹介


by 7hswedobbs

発砲3人殺害、自殺の大阪市職員は妻に暴力「迷彩服の“変人”」(産経新聞)

 妻への暴力と義母への疑心、狩猟を趣味とし、近所とは疎遠な日常−。大阪府羽曳野市の居酒屋で発生し、3人が殺害されたライフル銃発砲事件で、発砲後自殺した同市桃山台の大阪市環境局職員、杉浦泰久容疑者(49)の周辺からは、そんな人物像が浮かぶ。犯行当日の12日には、迷彩服を着て自宅近くの路上に立っているのを近所の人が目撃。「風変わりな人」とみられていたという。

 ■隣人と目あわせず

 「あいさつも返さない陰気な人。猟銃を持っているのではといううわさは聞いたことはあった」。12日朝、迷彩服姿の杉浦容疑者を見た近隣住民はそう話す。会社員の男性(34)も「家には猟犬2匹を飼い、迷彩色の服でよく外出していた。猟は好きなんだろうけど、会っても目もあわせてくれず変わった人だと思っていた」と話した。

 杉浦容疑者は居酒屋の女性経営者との離婚をめぐり、母親の元羽曳野市議、田中美子さん(66)に「仲を引き裂かれた」と言って恨んでいたという。

 「テキパキとした明るい女性だった。こんなことになるとは」。田中さんを知る市議は言葉を失った。田中さんは市議会初の女性議長を務めるなど、熱心な仕事ぶりで知られていた。

 田中さんは市議時代、面倒見が良く人望があり、女性の社会進出などに取り組んでいた。「もっと女性が政治に進出しなければ」と語っていたという。

 昨年ごろから娘の離婚問題で悩んでおり、「(娘の)夫が暴力を振るうようだ」と漏らし、心配していたという。

 一方、犠牲になった居酒屋のアルバイト店員、福井達也さん(23)は、昨年11月ごろから店で働き始めた。人懐っこい性格で、昼間はすし店、夜間は居酒屋でアルバイトをかけ持ちしていたという。

 福井さんは主に調理を担当。自慢の魚料理は客から「おいしい」と評判だった。最近は羽曳野市役所への就職を目指し、今秋の採用試験に向け勉強に励んでいた。知人男性は「一生懸命頑張っていた。根が優しくて本当に尊敬していた。今も信じられない」とショックを隠せない様子だった。

【関連記事】
容疑者23日間病気休暇、減給の過去 発砲3人殺害で市長陳謝
義母ら2人射殺した大阪市職員、妻と離婚調停でトラブル
重体の男性が死亡、犠牲者3人に 羽曳野市の居酒屋発砲
撃たれたのは元羽曳野市議長「どうしてこんなことに…」凍り付く住民
居酒屋で大阪市職員が発砲、3人死傷 本人自殺 大阪・羽曳野

東京・新宿の真冬の怪 排水溝から男性遺体見つかるも…「におわない」事件性(産経新聞)
有料老人ホーム、389か所が依然無届け(読売新聞)
<雑記帳>戦艦「三笠」に魅せられ そっくり模型作製 金沢(毎日新聞)
鳥取のHIV検体紛失事件 容器の一部発見(産経新聞)
青森で民家火災、父と子供?3人の遺体(読売新聞)
[PR]
by 7hswedobbs | 2010-01-16 04:36