コンテンツの紹介


by 7hswedobbs

過労死で「日本海庄や」に7800万円賠償命令 休日など対策なし(産経新聞)

 全国チェーンの飲食店「日本海庄や」に勤務していた吹上元康さん=当時(24)=が過労で死亡したのは、過重な労働を強いた企業の安全配慮義務違反として、両親が同店を経営する「大庄」(東京)と同社の社長らに慰謝料など約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決が25日、京都地裁であった。大島眞一裁判長は「労働時間について配慮していたものとは全く認められない」として原告側の主張を認め、同社などに約7800万円の支払いを命じた。

 判決理由で、大島裁判長は元康さんの勤務先が1カ月300時間を超える長時間労働が常態化されていたことをあげ「企業は元康さんの生命や健康に配慮すべき義務を負っていたにもかかわらず、休憩や休日を取らせておらず何ら対策を取っていなかった」と指摘。「月80時間」の時間外労働をしなければ給与が差し引かれる当時の同社の給与体系についても「労働時間が長くならないように適切な措置を取る体制をとっていたといえない」と述べた。

 判決などによると、元康さんは平成19年4月に入社。「日本海庄や」石山駅店(大津市)に配属されたが、同年8月11日未明、自宅で就寝中に急性心不全で死亡した。死亡までの約4カ月間の時間外労働は、月約100時間前後と過労死の認定基準(月80時間超)を上回っており、大津労働基準監督署に労災認定された。

 判決後の会見で、元康さんの父、了(さとる)さん(61)は「判決には満足しているが、子供を返してほしいというのが本音。判決は、過労死に苦しむ他の方々の励みになる」と話した。判決を受けて、同社広報室は「判決文を見た上で、十分に検討したい」としている。

【関連記事】
中国人研究員の過労死訴訟が和解 大阪地裁
「日に日にやせて」外食店長の苦しみ 労災を逆転認定
「名ばかり」店長の過労死でグルメ杵屋に賠償命令
佐川急便派遣社員を「過労自殺」と認定 厚労省審査会、労基署判断覆す
過労死・過労自殺に歯止め 大阪の弁護団が過重労働基本法案を提言へ
虐待が子供に与える「傷」とは?

スキンケアで防ぎきれない ニキビはれっきとした病気(J-CASTニュース)
封鎖地域内の邦人23世帯に外出自粛を要請(読売新聞)
覚せい剤 のみ込んで密輸、成田で摘発…容疑者を起訴(毎日新聞)
作業服姿で堂々と切断?電線3・4km分盗難(読売新聞)
献血啓発の補助金を不正受給 大阪の2市(産経新聞)
[PR]
by 7hswedobbs | 2010-05-27 10:30