コンテンツの紹介


by 7hswedobbs

水木さん生家も妖怪観光の名物に…案内標柱設置(読売新聞)

 鳥取県境港市出身の漫画家・水木しげるさん(87)の生家があった同市入船町の県道沿いに2日、「水木しげるが幼少を過ごした地」の案内標柱(高さ1メートル、幅20センチ)が設置された。

 観光客から「生家の目印がほしい」との声が多く寄せられ、市が「妖怪観光の素材の一つに」と造った。

 六角形の灰色の自然石に文字を刻み、水木さんの姿を漫画風にデザインしたブロンズのレリーフを取り付けた。費用は約20万円で、水木プロダクションからの寄付金を市が積み立てている「水木しげる基金」で賄った。

 現地は、水木しげる記念館の東約800メートルの境水道の近くで、市観光協会の「境港妖怪ウオーク」のコースにも入っている。水木さんの妻・布枝さん(78)が主人公のNHK連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の放送も29日から始まり、市貿易観光課の担当者は「新しい名物になってほしい」と期待している。

<全日本学生児童発明くふう展>表彰式 常陸宮ご夫妻も出席(毎日新聞)
【新・関西笑談】世界で一つだけのパンを(2)(産経新聞)
MARIO BROS.
鳩山首相 公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応(毎日新聞)
チリ巨大地震 17年ぶり大津波警報 「規模+位置」日本に波及(産経新聞)
[PR]
by 7hswedobbs | 2010-03-04 13:23